イソフラボンで女性ホルモンを増加させる

イソフラボンで女性ホルモンを増加させる

女性ホルモンは女性らしい体型や美肌を維持するために欠かすことのできないものです。
しかし女性は年齢を重ねるとだんだん女性ホルモンが減少します。
体型が崩れたり、肌荒れを起こしたり、精神的にも不安定になる女性が増えますが、そんなときに効果が高いのが女性ホルモンを増加させるイソフラボンです。

女性ホルモンのエストロゲンは年齢とともに失われ、ほてりや頭痛、イライラなどつらい更年期障害に悩まされます。
最近では、更年期に差し掛かっていなくても、ストレスや不規則な生活の影響を受けてエストロゲンが減少し、更年期障害の症状に悩まされている女性も増えてきました。
失ったエストロゲンを外から補充できれば問題はないのですが、エストロゲンは体内に存在するものであって外から摂取できるものではありません。
そこで効果を発揮するのが、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンです。

イソフラボンの化学構造はエストロゲンと非常に似ていますので、摂取すると体内の受容体と結びついてエストロゲンと同じような働きをします。
年齢とともに減っていくために体内で不足してしまうエストロゲンを補充する形でイソフラボンを取り入れていけば、エストロゲンの減少により引き起こされた更年期障害などの症状が緩和されます。

イソフラボンは女性ホルモンの分泌が足りなければ補充する形で効果を発揮しますが、その反対に女性ホルモンの分泌が多すぎた場合は分泌を減少させる効果もあります。
女性ホルモンが多い時は分泌を減少させ、少ない時は増加させることが出来るのですから、これさえあれば女性ホルモンのバランスを保たれます。

年齢を重ねれば女性ホルモンが減少することは仕方ないのですが、イソフラボンを摂取していれば女性ホルモンが不足することも増えすぎることもありませんので安心です。
更年期だけでなく、PMSの症状緩和にもイソフラボンは効果を発揮します。
体に優しい植物成分の力で女性ホルモンを増加させることができるイソフラボンを普段の食生活の中で、またはサプリメントの形で上手に摂取していきましょう。


ページのトップへ戻る