閉経後の女性にはイソフラボンが必要?

閉経後の女性にはイソフラボンが必要?

女性の体の中にある女性ホルモンは通常であればバランスが取れた状態にあります。
しかし閉経すれば女性ホルモンの分泌は急激に少なくなるためにバランスが崩れ、心身ともに調子が悪くなる方が多いです。
閉経後も女性が健康的な毎日を送るために効果的なのがイソフラボンです。

閉経後は女性ホルモンの分泌が急激に減ることでホルモンのバランスが崩れますが、それによって起きるのが更年期障害です。
更年期障害に陥ると、しばらくのあいだはめまいがしたり頭痛がするなど調子が悪い日々が続きます。
わけもなくイライラしたりすぐに泣いてたりと精神も不安定になりますので、この時期の女性は外出もままならなくなります。

もうひとつ、閉経後の女性におきやすいのが骨粗鬆症です。
閉経後は女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が大幅に減少するのですが、それに伴って骨量が減少するために骨がもろくなります。
その結果、骨粗鬆症に陥ってしまいちょっと骨折するだけでも最悪の場合は寝たきりになる方もいらっしゃいます。
いつまでも健康でいるためには骨粗鬆症にならない方法を考えなければいけません。

更年期障害と骨粗鬆症の改善と予防に効果的なものがイソフラボンです。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする物質ですので、急激に減ってしまったエストロゲンの代わりの役割を果たしてくれるのです。
理想的な摂取量は1日に豆腐であれば1丁分といわれていますので、和食を中心にしている方ならば摂取量は十分です。
しかし最近ではパン食など洋食を好む方は増えていますし、大豆食品が好きでない女性も多いです。
そういう方はイソフラボンをサプリの形で取り入れることがおすすめです。

閉経後の女性は体調も崩しやすく骨ももろくなってしまいますから、健康にはより注意が必要です。
大豆食品が足りない方は早いうちからイソフラボンを取り入れましょう。
毎日積極的に取り入れていれば、閉経後も更年期障害などに苦しめられることはありませんよ。

ページのトップへ戻る