男性の多量摂取は性機能低下を招くの?

男性の多量摂取は性機能低下を招くの?

女性ホルモンと同じような効果を発揮するイソフラボンを摂取すると薄毛を解消できる事がわかってから、イソフラボンを摂取する男性は増えました。
しかし、過剰摂取は性機能低下を招くおそれがあることが指摘されています。
それは本当なのでしょうか?

男性は男性ホルモンだけでなく、女性ホルモンも分泌されており、この2つのホルモンの男性ホルモンのほとんどを占めているのが、テストステロンというホルモンです。

テストステロンは男性の身体を作るために必要なホルモンで、特に骨を強くしたり、筋肉を作りだします。 そして、性機能や性欲を維持するという男性ならではの重要なはたらきにも関わっています。
性機能とは、精巣の中にある精子細胞が生育して、精子になるための成長を促す造精機能や、射精に大きく関係している前立腺の機能などを指します。
イソフラボンを過剰に摂取しつづけることによって、女性ホルモンが増えると、男性のホルモンバランスが崩れ、性機能が低下することが考えられるのです。

男性の中にも女性ホルモンは少し存在します。
通常であればホルモンのバランスは保たれているのですが、薄毛に悩んでいる男性は男性ホルモンが増えすぎていて女性ホルモンが少なくなりバランスが崩れていることが多いです。
女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンを摂取すれば、ホルモンバランスが元に戻って男性は薄毛を解消することができます。

しかし、いくら髪の毛の成長に効果があるからといっても、過剰に摂取すれば女性ホルモンが増えすぎます。
その影響で男性の体がどうなるかは人それぞれですが、性機能低下を招く恐れがあることが最近指摘されています。
摂り過ぎれば男性が女性化してしまう危険があると言われていますが、実際に中国ではイソフラボンがたっぷりの豆乳を飲み過ぎた男性の胸がDカップ以上になるほど成長してしまった例まであります。

ではイソフラボンは1日にどれ位摂取すればよいのでしょうか?
薄毛に悩む男性は悩んでしまいますが、1日に納豆を1パック食べたぐらいで十分だといわれています。
ですから毎朝納豆を食べているという男性は、イソフラボンをサプリメントでも摂取しようとすると過剰摂取になりますのでご用心ください。
大豆食品は苦手で普段からあまり食べていないという方は、サプリメントで1日に70mg程度に抑えて摂取してください。

イソフラボンをたくさん取れば髪の毛がその分生えてくるわけではありません。
適量を摂取するのであれば問題はありませんが、男性にとって性機能が低下することは大問題です。
ましてや胸まで女性のように大きくなってしまったら大変なことですから、くれぐれも過剰摂取はしないよう、気をつけてください。

ページのトップへ戻る